遺品整理 北海道

Sponsord Link


北海道の遺品整理〜ごみ収集センター

北海道で遺品整理をする際には、予算や時間によってその方法も色々とあるようです。

 

突然の不幸に見舞われ葬儀を済ました後の遺品整理は、ご遺族にとって最も辛い作業の一つでしょう。

 

けれど、仕事をもっている方や遠方からお越しの方でなかなか遺品整理の時間を取れない場合もあります。

 

もし時間に余裕のある方であれば、ある程度の整理を安い費用ですることができます。

 

北海道の大型ごみ収集センター(011−281−8153)で収集依頼をかければ、家電リサイクル法にかかる家電は不可ですが、その他の大型家具などは安価で回収してくれます。

 

年末年始を除く毎日9時から16時30分まで受付をしています。

 

各月によって締切日や回収日、また回収費など異なりますので、詳しくは電話などで確認するとよいでしょう。

 

北海道の遺品整理業者について

遺品整理を業者に依頼する場合でも、ご遺族で故人の持ち物を整理したりする必要があります。

 

中には普通預金通帳やハンコ、宝石といった貴重品がまぎれている可能性も高いからです。

 

遺品整理をするのが辛いから業者に頼みたいという方も多いでしょう。

 

そういった場合には、貴重品探索を依頼しておくと探してくれる業者もあるようです。

 

北海道遺品整理サービス(0120−971−586)もその一つで、遺品整理からお部屋の片づけまでしてくれます。

 

故人宅が賃貸である場合にも、家主が納得いくような美しい仕上がり掃除をしてくれるようです。

 

北海道でも遺品整理の専門業者ですので、やはりキメ細やかなサービスはもちろん遺族にもきちんと配慮した丁寧な遺品の取扱やスピーディーな作業に定評があるようです。

 

またアサヒエコ遺品整理・処理専門(0120−37−5848)では、個人の遺品整理だけでなく遺品供養も行っているようです。

 

必要な時にすぐに来てもらう事ができ、年中無休対応でサービス提供しています。

 

北海道の遺品整理業者には他にも株式会社キムラ(011−814−6766)があります。

 

基本サービスは遺品分別からトラックへの積み込み、部屋の簡単な掃除となっています。

 

基本サービス内容はどこも変わりませんし、価格もおおむね1Rから1LDKで7万円から8万円くらいが相場のようです。

 

追加サービスとしてハウスクリーニングや家電製品の取り外し、簡易リフォームを行っている業者も多いようです。

 

また、良い遺品整理業者と悪い業者の見分け方としては、あまりにも料金が安すぎたり、電話対応が良くなかったり、また見積もりの際に細かな遺族の要望に答えてくれないや、

 

遺族の感情を配慮しないといったことがあげられるそうです。

 

遺品整理はデリケートな作業となります。

 

また特に冬場の北海道はかなり寒さ厳しく、遺品運び出しなどもかなりの重労働になるかと思いますので、業者に依頼する際にはできれば複数の業者に見積り依頼し故人の遺品を丁寧に

 

扱ってくれる真心ある業者に依頼したいものですね。

Sponsord Link