ゴミ屋敷 遺品整理

Sponsord Link


ゴミ屋敷の遺品整理について

ゴミ屋敷の遺品整理にお悩みの方はいらっしゃいますか。

 

ゴミ屋敷の定義ってなんでしょう。

 

一般の住宅でも大変な遺品整理。

 

それがゴミ屋敷ともなると、もう自分の手には負えなくなると考えるのも当然です。

 

よくメディアで取り上げられている、ゴミを拾い集めてくる老人。

 

家の周りは集めた粗大ゴミで取り囲まれている。

 

こうなると、ご近所でもゴミ屋敷と有名になっているお家だと思います。

 

しかし、そこまではいかなくとも「実は私の実家もかなりのゴミ屋敷状態になっているかも?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

お年を召した方に多いのがまず、物を捨てられないという方。

 

チラシ、何かを買った時の紙袋、いただき物の包装紙、食品が入っていた発泡スチロール、とにかく全てのものを「いつか使えそう」とため込んでしまう方。

 

恥ずかしながら私の亡くなった祖母も、このタイプでした。

 

押入れからあふれ出した色々な物で部屋がいっぱいになっていたものです。

 

生理整頓が苦手な方の場合は、生活する上でどんどん出てくるゴミをうまく片付けられず、部屋にゴミがたまっていく状態になってしまうでしょう。

 

ゴミの分別が厳しくなったのも、このタイプの人にはネックとなっているようです。

 

外から見た限りでは一見、ゴミ屋敷とは思えませんが、中はかなりすごいことになっているのがこちらのタイプです。

 

通常の遺品整理だけでもかなり大変な作業となるかと思いますが、もし、遺品整理するのが一般にゴミ屋敷と言われている家だったら。

 

想像しただけで、恐ろしいですよね。

 

でも、人事だと笑っていられないのが現代の状況です。

 

ゴミ屋敷の遺品整理をプロに任せる

今はかなりの方が田舎を出て、実家から遠い場所で生活の基盤を築いているのではないでしょうか。

 

実家に帰るのは年に一度か二度、という方も多いと思います。

 

自分が知らない間に、実家がご近所に迷惑をかけているゴミ屋敷と変貌しているかもしれません。

 

実際に、しばらく家に帰らなかったらご近所の人からの電話で、「お宅のお父さんが家の周りに粗大ゴミを集めているのでやめさせてほしい」といった電話を受けたという方もいます。

 

そこまで極端な例は少ないかもしれませんが、ゴミ屋敷に近い状態になっているかも・・・と、思い当たる家もあるのではないでしょうか。

 

では、住んでいる方が亡くなった時、ゴミ屋敷の遺品整理は何から手をつければいいのでしょうか。

 

粗大ゴミなどの場合は、皆さん一度は役所へお電話するようですが、まず当り前の回答として粗大ゴミとして、所定の場所へ出すか、ゴミ処理場まで自分で運んでくださいと言われるでしょう。

 

町や市がトラックでゴミを回収しに来てくれるというのはかなり特別なパターンですので、期待できません。

 

おすすめなのは、ゴミ屋敷の遺品整理を専門に受け持っている業者さんにお願いすることです。

 

便利屋さんや、遺品処理のプロの会社など、便利なサービスがあるのでどんどん利用すべきだと思います。

 

秘密も厳守してくれますし、遺品整理だけでなく、部屋の片づけ、ゴミ捨て、粗大ごみの廃棄など自分では手が回らないことも頼めますので助かります。

 

プロに遺品整理を頼む時の注意としては、どんなふうにどこまでやってほしいのかきちんと伝えることです。

 

特に遺品整理は何をどこまですればよいか、判断が難しいので、そこをきちんと相談しておくことが大事です。

 

ゴミ屋敷の遺品整理に頭を悩ませている方、一度お近くの便利屋さんへ見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

Sponsord Link