遺品整理 福岡

Sponsord Link


福岡の遺品整理業者について

遺品整理の仕事に福岡で長く携わっている人の話を聞く機会がありました。

 

福岡での遺品整理の流れとしては、まず電話またはメールで遺品の内容・分量・現地の住所・搬出環境などを大まかに伝えれば、概算金額を算出してくれます。

 

福岡に限ったことではありませんが、正確な金額は現地を見てからということになりますので、見積りに来てもらう都合のいい日程を伝えましょう。

 

その日程に合わせて担当スタッフが現地に出向き、その場で正確な金額を提示してくれます。

 

その際、処分物の内容、作業人員数、搬出環境などの確認をしてもらうわけですが、所要時間は30分程度です。

 

またその際、保存希望品や配送希望品などがある場合には、スタッフへ伝えておいたほうがいいでしょう。

 

料金に納得すれば、遺族の都合に合わせて作業の日時を決定します。

 

作業当日、立会いができない場合は鍵を貸してもらえ、受け渡し方法を決めておけば立会い無しでの作業も可能です。

 

福岡の遺品整理業者の場合、生活されていたそのままの状態から経験を積んだスタッフが速やかに梱包、搬出作業を行ないます。

 

クリーニング・遺品の配送搬出終了後、簡単な掃き掃除を処分のサービスとして行ない作業終了となります。

 

福岡の遺品整理業者のほとんどは、希望により部分クリーニング、フルクリーニング、現状復帰のための内装工事なども請け負っていますが、遺族の自宅が近郊の場合、直接の遺品の配送、

 

遠方の場合は配送代行手続きもしてもらえます。

 

福岡の遺品整理業者は、作業終了確認の際、残地物が無いか、指示どおりに綺麗になっているかなどをチェックし、作業終了となります。

 

当日立会いができない場合、作業完了後の部屋の写真を送って終了確認することも可能です。

 

福岡の遺品整理業者〜料金体系

福岡で遺品整理をする場合、一番困るのが業者選びです。

 

価格はもちろんのこと、細かな相談にも乗ってくれる誠実な業者を選ぶことが重要です。

 

遺品処理にかかる料金の設定方法は、福岡の遺品整理業者でも様々ですが、処分量による違いで安く済む場合と逆に高くついてしまう場合がありますので注意が必要です。

 

福岡での遺品整理の基本となる料金体系の一つに、処分料金がラジカセ1点いくら、布団1枚いくらと細かく設定されている料金体系があります。

 

これは回収費用も安く設定されているため、処分量が小量の場合は安く処分出来ることも多いのですが、大量に処分される場合、細かく合計してゆくと、

 

かなりの金額になってしまう場合もあります。

 

また、軽トラック1台いくら、2tトラック1台いくらと大まかに設定されている料金体系の場合、業者によっては1台が満載にならなくても1台分の料金を取られてしまうため、

 

無駄なコストがかかってしまう場合があります。

 

福岡での遺品整理の基本となる料金体系の最後は、大小織り交ぜた処分物が大量にある場合です。

 

これは処分量に応じた価格体系なので、無駄な料金がかかりませんが、多くは1立方メートルあたりいくらといった金額体系ですので、1個2個の処分量だと割高になってしまう場合があります。

Sponsord Link