遺品整理会社 選び方

Sponsord Link


遺品整理会社の選び方@

遺品整理会社の選び方にはいくつかのポイントがあります。

 

大切な人との思い出の品をいつまでも手放したくはないけれど、どう扱っていいのか分からない方も多いかと思いますので、主なポイントをご紹介しておきましょう。

 

遺品整理会社を選ぶ時に気をつけなければいけないことの一つに、整理品の違法性についての認識がどこまであるかという問題があります。

 

遺品整理は自分でするか業者に任せるか選択することができますが、自分で処理する場合、一見安価に見えますが、分別が難しく、逆に手間がかかってしまう場合あります。

 

遺品整理会社に任せた場合、一括して不要となったものを扱ってくれますので、時間や手間をかけることなく、忙しい合間に遺品や家財を整理することができます。

 

ここで注意しなければならないのが、きちんと分別、リサイクルなどを行っている業者かどうかという点です。

 

近年のリサイクル料の値上げなどにより、リサイクル料をもらった上で、まとめて不法投棄するという悪質な業者がでてきています。

 

また、整理して不要となった品物は一般廃棄物です。

 

中には何も考えず産業廃棄物として埋め立ててしまう業者もいます。

 

一般廃棄物である家財を産業廃棄物として扱うのは違法ですので、安ければいいということではなく、きちんと最後まで行える遺品整理会社を選ぶことが、

 

故人を思う上でも大切なことだと思います。

 

遺品整理会社の選び方A

遺品整理会社を選ぶ時に気をつけなければいけないことの二つ目は、管理体制の問題です。

 

大切なひとの大切な品物を扱うことになる遺品整理会社の従業員に対する教育が、しっかりなされているかどうかは非常に重要な要素です。

 

部外者から見れば大したものではなくても、大切な人を失った家族にとっては、唯一残る故人の思い出でもあります。

 

業者の中には、作業員のほとんどがアルバイトというところもあります。

 

その中には、ただのアルバイトだから、という考えの人や、遺品をこっそりポケットに、という不心得者が混じっている可能性もあるのです。

 

従業員の細かな心遣いまで、しっかりと教育のできている会社を選ぶことが大切です。

 

遺品整理会社を選ぶ時に気をつけなければいけないことの最後は、適性価格で作業してくれるかどうかという問題です。

 

普段の生活の中で遺品整理会社を利用することはほとんどありません。

 

費用がどのぐらいかかるものなのか知らない方のほうが多いでしょう。

 

一般的に、遺品整理にかかる費用は大きく分けて、梱包費・撤去費・人件費・その他の4種類の合計で計算されます。

 

また、部屋の間取りでベースとなる料金が決まっている業者もありますので、必ず一つの業者ではなく、複数の業者の料金を比較し、

 

安すぎたり高すぎたりする業者は敬遠するようにしたほうが賢明でしょう。

Sponsord Link