遺品整理 代行業

Sponsord Link


遺品整理の代行業について

遺品整理の代行業が普及して、「遺品整理屋」と称する業者が増え、利用する方の数も年々多くなってきているようです。

 

私物を処理することを依頼するわけですから、個人情報の保護や法律的なことに関してもとても気になりますね。

 

では、どのような点に気をつけて、遺品整理の代行業の会社を選べばいいのか考えてみましょう。

 

遺品整理の代行業を選ぶポイント

遺品の整理の代行業を看板に掲げている会社は、ピンからキリまであります。

 

まず、遺品整理の代行業には廃棄物に関する許認可が必要なことを覚えて置いてください。

 

無許可の遺品整理代行業者に依頼すると、不法投棄などの思いがけないトラブルになる怖れもあるそうですから注意しましょう。

 

また、遺品整理の代行業者は、遺品の買取や荷物の配送などにも許認可を所持しなければならないことが定められています。

 

遺品の買取には古物商の許可が、形見分けや荷物の配送は他人の荷物を運ぶことですから、貨物に関する許可が必要なのだそうです。

 

故人が遺した家屋をリフォームしたり、解体したりすることもよくあることですが、これらも含めて、遺品整理には専門の知識が不可欠なものです。

 

専門知識を持つスタッフが常駐していることは、業者選びの重要なポイントのひとつです。

 

さらに、作業中に何かを破損した場合などの万が一に備えて、賠償責任保険に加入している遺品整理の代行業者が望ましいです。

 

遺品の整理を依頼する場合は、最初に見積もりを出してもらうのが普通ですが、すぐに見積もりを算出できない業者は避けたほうがいいでしょう。

 

同様に、個人情報保護法を無視して、機密文書などに証明書を発行しない業者も、優良な業者とは言えないでしょう。

 

そして、廃棄物の処分に関して設けられた法律「マニフェスト制度」に則って、適切な処理を行う遺品整理の代行業者を選びたいものです。

 

処分場所在地やマニフェスト伝票などで、不用品を処理した流れを依頼者に提示するのが、遺品整理の代行業者に課せられた義務でもあります。

 

もしも、不法投棄が行われた場合は、その業者だけではなく依頼者も罰則を受ける対象となってしまいますから、十分に気をつけたいものです。

 

近親者の死に直面しても、悲しみに身を任せて泣き続けているわけにはいかないのが現実ですね。

 

遺族としてやらなければならないことは山ほどありますから、遺品整理の代行業者を利用するのは有効な手段です。

 

ただし、ここでご紹介したことを参考にしていただきながら、信頼できる会社を選択なさるように心がけてくださいね。

Sponsord Link