遺品整理 千葉

Sponsord Link


千葉での遺品整理業者による被害とは?

遺品整理の仕事に千葉で長く携わっている人の話を聞く機会がありました。

 

その人の話では、千葉でも悪質な遺品整理業者による被害がけっこう報告されているということです。

 

千葉での遺品整理の仕事における悪質な業者とは、主に高額請求行為を行う業者のことです。

 

ボッタクリとは、サービスの後で異常な上乗せ料金を請求することですが、残念ながら千葉でも、遺品整理の業界は他の業界より高額請求に遭う可能性が高いというのが現状だそうです。

 

千葉の遺品整理業者はもちろん、良心的な業者のほうが多いのですが、中にはこういった行為を繰り返す心無い業者がいる限りは、その実態を知っておく必要もあると思います。

 

千葉での遺品整理業者による被害例

千葉での遺品整理において、よくある高額請求の具体例としては、ある女性がタンスを引き取ってほしいと思い、遺品整理業者に電話しました。

 

タンスの大きさなどを伝えて見積り金額を尋ねると、5,000円ということだったのでお願いしました。

 

早速、作業員が2人やって来て、少々荒っぽいが手際よくタンスをトラックに積み込みました。

 

助かったといって見積り額の5,000円を差し出したところ、「電話で訊いていたよりも少し大きいので追加料金がかかり、全部で25,000円になります。」といわれたというのです。

 

驚いて、電話での見積もり額は5,000円だったことを伝えると、「その金額は基本料金だけのことで、今回の処分費はプラス3,000円の8,000円ですよ。」とのこと。

 

ではなぜ8,000円が25,000円になるのか尋ねると、「基本料金5,000円、処分費8,000円、車両費3,000円、人件費5,000円、出張費4,000円の合計25,000円です。」という返答が帰ってきたというのです。

 

もちろん納得できないのでキャンセルすることにすると、作業員の一人が「自分でトラックからタンスを降ろしてください。」と不機嫌そうにいいました。

 

女性一人で大きなタンスをトラックから降ろせるわけがありませんので手伝いをお願いすると、「14,000円かかるけどいいですか?」といわれ、キャンセルしても14,000円かかることを考えれば処分してもらったほうがいいということになり、結局、総額25,000円を払う羽目になったということです。

 

千葉での遺品整理において、このようなケースが典型的な高額請求の具体例です。

 

千葉で遺品整理業者による被害に遭わないためのポイント

それでは、千葉での遺品整理において高額請求に遭わないためには、どうすればいいのでしょうか?

 

ポイントとしては電話での問い合わせの時に、見積りは無料か、キャンセル料発生するのか確認する、電話で見積り金額を尋ねるときは総額であるかどうかを確認する、

 

電話では決して依頼や注文をせず無料見積りに来てもらう、現地での作業開始前に正確な見積り金額の総額と作業の範囲を確認してメモをとっておく、

 

基本的に支払いは作業終了後に行なう、疑問点やわからないことは作業開始前に作業員に質問する、などが挙げられます。

 

千葉で遺品整理の高額請求に遭わないように気を付けましょう。

Sponsord Link