遺品整理 アルバイト

Sponsord Link


遺品整理のアルバイトについて

遺品整理のアルバイトとはどのようなことをするのか説明していきたいと思います。

 

遺品整理の仕事は、いわゆる「便利屋」とも呼ばれています。

 

この便利屋という仕事も昨今市民権を得て、業者が増えてきています。

 

その中でもこれまでの経験を生かして専門性の高いサービスを重視する業者が増えてきており、「遺品整理」という専門的な分野でサービス提供する業者もその一つとされています。

 

この遺品整理専門の業者というのも昨今増えてきており、アルバイトを募集している会社もたくさんあります。

 

遺品整理のアルバイト〜作業について

それではアルバイトとして、遺品整理の仕事に就いたときに具体的にどのような作業をするのでしょうか。

 

アルバイトと一口に言いましても、遺品整理とは特殊な仕事ですので簡単な作業ではないことをしっかりと頭に入れておきましょう。

 

まず遺品整理についてですが、遺品とはいわゆる故人が生前に使用していた動産や物品のことを言い、財産価値の少ない生活雑貨や衣類なども含まれます。

 

急な出来事だったり、個人が借家や賃貸アパートに住んでいた場合には、賃貸住宅を明け渡さなければなりません。

 

そのような場合には、葬儀や法事が終わってからすぐに遺品整理に取りかからなければならないのですが、遺族が必ずしもすぐに遺品整理に取り掛かれるとも限りませんので、

 

このような場合のために遺品整理専門の業者があるのです。

 

遺品整理の作業員は、まず故人へのご冥福をお祈りすることから始まります。

 

ただ単に物を整理するわけではありませんので誠心誠意を持って作業に取り掛かります。

 

残された遺品を要不要判断するのですが、作業員やアルバイトにとってはゴミに思えるようなものでも、故人や遺族にとってはとても思い出深い大切なものである場合もあるので注意が必要です。

 

またそれぞれの品に思い出があるものですので、しっかり丁寧に梱包・搬出することが大切です。

 

これらの作業が終了しましたら、業者によっては搬出後にハウスクリーニングをするところもあります。

 

以上が遺品整理のおおまかな作業の流れです。

 

遺品整理のアルバイト〜心得について

遺品整理業者によってはプロ意識を高めるためにアルバイトを採用しないところもあるほど、仕事内容は大変なものです。

 

普通に整理整頓をするのとは訳が違いますので、故人やご遺族の落ち込んでいる気持ちをくみ取れる優しさが必要な仕事です。

 

また、引っ越し作業と同じくらいの肉体労働となりますので、アルバイトをする際には健康であることが重要となります。

 

そして梱包作業、搬出作業、清掃作業をする場合、場所によっては悪臭や細菌感染の恐れがあることも理解しておきましょう。

 

以上のように大変な仕事ではありますが、その分やりがいのある仕事です。

 

もし本気で遺品整理のアルバイトをお考えの方は、以上のことを踏まえてしっかりと仕事に取り組んでいただきたいと思います。

Sponsord Link